• オリンピック柔道絵を見て

    オリンピック柔道絵を見て

    現在ロンドンオリンピックが開催されています。時差があるため大抵の種目は深夜に放送されていて、私も一生懸命起きて観戦しているので毎日寝不足で大変です。

    そんな中、私が一番期待していた競技があります。それが柔道です。日本のお家芸とも言われる柔道。昔、田村亮子選手、ヤワラちゃんの時代などは、軒並みすべての階級で金メダルというような素晴らしい功績を残していた種目です。

    見ているほうは応援しているだけですが、どうしても柔道は金メダルが当たり前という感覚になってしまいがちです。もともと日本が発祥のスポーツなのでそう思われてしまっても仕方がないのですが、日本の柔道家すべてが、もちろん金メダルを狙って出場しています。ですから、金メダル以外の銀メダルや銅メダルを取ったとしても、申し訳なさそうに頭を下げて謝ってしまい、あまり嬉しくなさそうな選手の印象をいつも受けるのです。

    今柔道は国際的なスポーツになり、世界中で親しまれています。身体の大きい柔道家たちが世界中で誕生してきて、日本の技を研究し尽くしてきています。日本に追いつけ追い越せという意気込みで技を磨いて強くなってきているのは事実です。

    それに対して、日本の柔道はきつい合宿を繰り返す古くからあるやり方で一本の柔道極めるものや、いろいろな技を磨いている柔道家で溢れています。このロンドンオリンピックに出場する柔道家たちも、本当に厳しくて辛い合宿を乗り越えてきたと何回も言っていました。

    これほど苦しい合宿とはどういうものなのかと思ってしまいますが、結局今回のオリンピックでは、柔道の部門は最悪で、男子においては金メダルはゼロという結果に終わってしまいました。

    これはここ数年で史上初ということで、監督の責任が問われる事態となっています。勝負であるから仕方ないこととはいえますが、監督の指導方針に問題があったと言われている部分もあります。

    厳しい合宿ばかりを繰り返しているので、相手選手を研究する時間がないという話を聞いたことがありました。

    やはり指導の仕方もどんどんと革新していかなくてはならないのだと個人的に思っています。

    二の腕痩せ足痩せ

    アプリのアイコンデザインの重要さ

    スマートフォンと言えばアプリケーションとも言え、

    その便利で自由な機能の数々を使いこなしてこそ、その真価を発揮できると言えます。

    私もiPhoneを利用していて文章を書く仕事をしている都合上、

    iPhoneには大量のアプリが入れられており、まさに多機能携帯状態です。

    仕事にも使える機能に加えて退屈させないゲームも揃っているスマートフォンですが、

    ある程度使い慣れてきて、生活に馴染んできたら気になる点があります。

    最初はただその便利さに感動しっぱなしですが、

    落ち着いたときにホーム画面を見て、気付く事。

    それはアイコンのデザインです。

    スマートフォンと言えばその高い実用性ですが、その周辺グッズにも見られる通り、

    デザイン性も非常に重要なポジションを得ています。

    特に女性の方には共感する部分が多く、パッと見「何でそんな物を付けるのか」と、

    男性であれば首を捻るような物もありますが、アプリのアイコンならまた話は変わります。

    スマートフォンを愛用している方ほど当然画面を見る事は多くなり、

    アイコンを何度もタッチする事になります。

    そしてそうした良く使うアプリは当然ホーム画面、

    スマートフォンを開いて真っ先に目に入るところに表示されます。

    そんな時、自分が良く使うアプリのアイコンが美しかったら?

    当然、美しくないよりは目を引くし、

    もしも誰かとアドレス交換等の際に画面を見せ合っても、

    「わー、綺麗!」と言われる方が嬉しくなりますよね。

    そこを考慮したアプリは増えてきており、中にはアプリの説明文自体に

    「常に置いておきたくなる美しいアイコン!」と銘打っている製作者をいます。

    特にiPhoneで言うドックと呼ばれるページ送りをしても固定の場所ならば、

    そこには常に使うと思われるアプリが置かれています。

    そこはすでに画面の一部と言っても過言ではなく、自分なりのスマートフォンを彩ると言ってもいいと思います。

    そこにあなたなら何を置きますか?

    実用性と美しさ、置きたい物はたくさんあると思うので、悩ましいですよね。

    昔に比べてデザインにも一定の関心をもつようになった私ですが、

    スマートフォンには最近特にこだわってしまいますね。

    今でもドック部分のアプリは厳選しており、生活によってその縮図が反映されているような気がします。